ITの力で、地方を元気に。

Problem

ITが、足りない。

ITの活用が企業の成否を左右するようになったこの時代。 日本企業のITシフトは、世界に比べ遅れを取っていると言われています。 これは、日本の未来にとって、超重要課題なはず。


代表取締役CEO 渋谷 修太

ITの力で、地方を元気に。

ITベンチャーは 都内に一極集中しているけど、日本って東京だけじゃないと思うんです。地方の底力ってすごいなっていうのを、ここ数年フラーで故郷新潟を中心に活動していて、改めて気づきました。
例えば長岡花火は誇張ではなく世界一の花火大会だし、燕三条で創られた金属製品は世界中で使われている。
実際にGDPで見ても、東京は日本全体の2割程度で、残りはその他の都道府県。だから、もっと東京以外にも目を向けて、日本全体としてITのレベルを底上げできたらなと考えています。地方にある貴重な資源や企業・自治体など一つ一つをITの力でエンパワーメントすれば、日本はもっと元気になるはず。日本には少子化や高齢化など色んな課題があると思いますが、どんな問題を解決するにも、ITは力強い武器になります。
だからこそ、日本中にITの力を行き渡らせることが、一番最初に取り組むべきことだと思うし、その一役をフラーが担えたら素敵だなと思っています。


代表取締役COO/CCO 櫻井 裕基

地方は、本当に課題がたくさん。

フラーを創業してから約7年、ずっとIT業界に身を置いてきました。
縁あって故郷に支社を開き、改めて地元を客観的に見てみると、本当に課題がたくさんあるなと。自分たちでは当たり前だと思っていたことが、地方では全然そうじゃない。もっとこうすれば良いのに、あれもやってあげたい・・・地方で活動しているうちに、これはすごくやりがいのある仕事だし、自分たちが力になれることは本当に多いなと思うようになりました。
今東京にいる皆さんの多くも、きっと自分の思い入れのある故郷があるんじゃないでしょうか。フラーがきっかけになって、皆さんが少しでも故郷のことを考えるようになってくれたら、とても嬉しいです。
フラーはこれから、ITの力を使って、地方の課題をどんどん解決していきたいと思っています。この想いに共感してくれる方々と一緒になって、地方を盛り上げていけたら嬉しいです。ご協力、お待ちしています。

Current Issue

地方ITあるある


Issue

そもそもIT企業がすくない。

地方にはIT企業が少ないから、情報も都内に比べ圧倒的に不足している。
IT企業が少ないと相談する先もないし、IT関連で働きたい若者は都心部に出ていってしまう。


Issue

ITで何ができるか、
分からない。

ウェブ、アプリ、AR/VR、IoT、ビッグデータ、AI、ブロックチェーン・・・テクノロジーの進歩が早すぎて、キャッチアップが難しい。選択肢があり過ぎて、どこから手をつけたら良いものか・・・


Issue

社内のIT力を強化したいが、
ノウハウがない。

まずそもそも、ITに詳しい人間が社内にいない。
ゆくゆくはIT部隊を内製化した方が良いと思ってはいるが、如何せんノウハウがなくて困っている。

Current Issue

あなたの会社のお悩み、教えて下さい。

フラーは現在、日本全国のITシフトを応援するプロジェクト(Fuller Shift)に着手しています。
もしよろしければ、IT活用に関する皆様のお悩みをお聞かせいただけたら幸いです。

Current Issue

フラーの地方創生プロジェクト、本格始動。

創業以来約7年、一貫してスマホと向き合ってきたフラー。
これまでに、IT企業はもちろん、新潟に本社を構えるグローバルブランド、日本一の花火大会、創業直後のスタートアップなど、多種多様な企業のスマホ活用を支援してきました。これからはもっと包括的に、日本全国津々浦々、できる限りこの輪を広げていきたい。そんな想いから始まった、地方のITシフトを加速するプロジェクト。その名も、Fuller Shift。
「ITの力で、地方を元気に。」というキャッチコピーのもと、フラーはこれから、ITの民主化を進めていきます。


Powerd by

フラー株式会社

フラーは、2011年に地方出身の高専卒業生が集まって設立したIT企業です。
「データを生かして、ヒトを幸せに。」というミッションのもと、国内No.1アプリ市場分析サービス App Apeや、データを用いてクライアント企業とアプリを共創する事業を展開しています。
フラーは現在、千葉県の柏の葉キャンパスに本社を構え、創業者の故郷である新潟県をはじめ地方に密着して活動をしています。これから、日本全国にその取り組みを広げていきます。

→コーポレートサイト